イタチ生態と被害

イタチの生態

≪生態・特徴≫

  • イタチは日本古来種で、ネコ目イタチ科の小動物で、沖縄を除く全国に生息しています。
  • 頭胴長は約30~40cm、尾長は約10~20cm。 メスは2/3~1/2程の大きさ。
  • 茶褐色で腹面は淡褐色。口元は白色でその上部から目の周りにかけては黒色。
  • チョウセンイタチは移入種(外来種)で、朝鮮半島が原産。本州以南に生息。
  • 背は黄色みを帯びた粘土色で額がこげ茶色。口元から目の周りにかけては黒色。
  • 繁殖は年1回で4月~6月に1~10頭を出産。(イタチ、チョウセンイタチ共)

≪習性・行動≫

  • 夜行性
  • 雑食性で主にネズミ類を捕食するが、鳥の卵や雛・昆虫類・カエル等も捕食。
  • 農作物も採食する。

イタチの生態

イタチの生態

イタチの生態


※イタチは野生動物で、鳥獣保護法(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)により保護されており、みだりに捕獲等を行うことができません。


イタチによる被害

≪騒音≫

  • 家屋の天井裏に侵入することが多く、営巣・活動します。
  • 夜行性ですので、寝静まる頃から活発に動き出し、睡眠の妨げになります。
  • イタチが動き回ることで、天井が歪む等の被害も発生しています。

≪臭い≫

  • 排便・排尿により、異臭が立ち込めます。マーキングで臭い付けをする場合もあります。
  • 一定の場所にまとまって排泄しますので臭いや染みのもとになります。また、排便・排尿は様々な感染症や食中毒の原因となります。

≪ダニ・ノミ≫

  • ダニやノミを寄生しており、家庭内に飛び散り人を襲います。
  • 女性や小さなお子様は特に刺されやすく、肉体的・精神的被害は甚大です。 また、アトピーやぜんそく等を引き起こすアレルゲンになります。

イタチによる被害

イタチによる被害

イタチによる被害

まずは、ご相談ください!

メールでのお問い合わせ

トリプルエーチャンネル

メディア取材・講演依頼の方はこちら

projectNext あなたと被災地をつなぐ「顔が見える支援」

採用情報

ページ上部へ戻る