イタチ捕獲のための調査~駆除の流れ

イタチの被害に悩まされて、いざ専門業者に依頼することになると、不安なこと、心配なことが沢山出て来ると思いますが、駆除方法は、イタチの侵入箇所、営巣等の被害状況や建物の大きさや構造などにより千差万別です。
駆除経験富な調査員が状況をしっかり確認をして、最善の対策方法のご提案、ご相談をいたします。ご心配事やご不明な点は調査員に気軽にどんどん質問して下さい。

イタチ捕獲・退治までのフロー

※建物の天井裏や外周、屋根の上、床下などを確認して、侵入経路、被害状況を調査します。
※状況報告に伴っての対策方法、それに必要な費用のご説明、ご相談をしていきますので、どんどんわからないことは質問してください。

必要に応じ、様々な施工を行います二次被害対策

シャットアウト(侵入口ふさぎ)工事


イタチからの二次被害対策

イタチが侵入すると、騒音、悪臭被害以外にも様々な問題が発生することがあります。
イタチを捕獲したり、追い出して侵入経路をふさいでも、天井裏にフンや食べ残しが残っていたり、ダニ、ノミは住み着いたままで刺される被害があったのでは本当の意味で解決したことにはなりません。
当社のイタチ駆除対策は、そんなイタチの糞尿の清掃、消毒から、ダニ、ノミ駆除、壊されてしまった箇所の修繕作業まで責任をもって作業させていただきます。


フン・巣撤去・清掃

イタチは天井裏や床下にまとまって数か所にフンをすることがよくあります。とくにイタチは食べ残しの動物の死体を放置することがあります。
イタチを駆除してもフン等が残ったままでは衛生的ではありませんし、ハエ等の虫が発生したり、悪臭のもとになりえます。
きちんと清掃し、施工前・施工後を写真で確認していただききますのでご安心下さい。

天井裏にたまったフン
<天井裏にたまったフン>
巣にされた天井裏の断熱材
<巣にされた天井裏の断熱材>

雑菌消毒・消臭消毒

イタチが居なくなり、フン等の撤去が済んだあとも獣臭さやフン・尿の臭いは残ることがあります。
イタチ自身やフン・尿には多くの雑菌が繁殖している為、高性能噴霧器(ULV)で微粒子にした薬剤を噴霧、燻蒸して隅々まで殺菌・消臭いたします。

高性能噴霧器による雑菌消毒
<高性能噴霧器による雑菌消毒>
ミスト噴霧による空間消臭消毒
<ミスト噴霧による空間消臭消毒>

ダニ・ノミ消毒

イタチなど野生動物には必ずノミやダニが寄生しています。
イタチに侵入されて、その建物の住人が刺されるケースも多発しています。
撒き散らしたダニやノミを駆除していきます。

天井裏ダニ薫煙消毒
<天井裏ダニ薫煙消毒>
床下ノミ消毒液状散布
<床下ノミ消毒液状散布>

営繕・補修工事

イタチのフン・尿によって天井に染みができたり、歪んでしまうことがあります。
また、侵入する際に壁や屋根を壊したりする場合もあります。
そのような場合の復旧工事や、天井の張替え工事などの内外装工事も対応いたします。

フン・尿によりできた天井の染み
<フン・尿によりできた天井の染み>
断熱材をスタイロフォームに交換
<断熱材をスタイロフォームに交換>

まずは、ご相談ください!

メールでのお問い合わせ

トリプルエーチャンネル

メディア取材・講演依頼の方はこちら

projectNext あなたと被災地をつなぐ「顔が見える支援」

採用情報

ページ上部へ戻る